ダイエットや美容にも効果的なイシハラ式生姜の使い方

石原結實と呼ばれる医学博士で数々の生姜についての書籍も販売している石原先生。その先生が編み出した生姜を効果的に摂取する方法が生姜紅茶に黒糖を混ぜることです。

毎日手軽に美味しく飲める生姜飲料として多くの方が実践して結果も出しています。基本は紅茶を準備して、すりおろした生姜を紅茶に適量入れます。さらに黒糖で味気ない生姜紅茶にまろやかさと甘味を引き出す役割を与えています。

石原式は緑茶やお湯ではダメとなっています。理由は緑茶やお湯では体に対する影響が違うと説明されています。その理由が緑茶やお湯は陰性食品と言われており体を冷やすもの。しかし、赤や黒色をした紅茶は陽性食品といい体を温めるの適しているそうです。

そして紅茶にはカフェインが含まれています。カフェインは適量であればダイエット効果や体内の余分な水分を排出する利尿作用もあります。これが生姜の温め力と重なって浮腫み体質の改善に良いそうです。

また紅茶には赤い色素であるテアフラビンと呼ばれる物質があり、これが抗酸化作用になり私達の老化をすすめる活性酸素の除去に役立ってくれます。殺菌効果もあるみたいです。

石原先生は紅茶は生姜との相性が非常によく、体を温める役割の生姜。健康を促進させる紅茶の組み合わせは手軽で最強の健康食品と題しています。

最後に生姜紅茶に黒糖を入れる理由は味の調整以外に黒糖の持つ力があります。白砂糖は陰性食品となり体を冷やしてしまうので黒糖をチョイス。

黒糖は陽性食品であり体を温める作用があると言われています。同時にビタミン、ミネラルが豊富に含まれます。カルシウムに至っては白砂糖の約150倍も含まれているそうですよ。

生姜を飲料として効果的に摂取したい場合、石原式である生姜+紅茶+黒糖の組み合わせで飲んでみると高い効果を期待できるかもしれません。ぜひ、試してみてください。

MENU

Copyright (C) 生姜のQ&A〜日本人なら生姜でしょう! All Rights Reserved.